fc2ブログ

シルバー世代のにちにち

Hulaとお花と旅行と介護とゆったりしっかり過ごそうと。。

TOP >  母のこと >  母の一周忌

母の一周忌

 今日母の一周忌を迎えました。本当に早いものです。
あっという間に過ぎた一年、その渦中にいた時は無我夢中で家の事も自分の事も忘れていた時間でした。
それを思うと、今は自分の事に自由に使える時間はたっぷりあり、気になっていた歯科にも通えるし、小旅行も気兼ねなく行けます。今度は自分の将来の事にも向き合える時間もできました。
夢のようと思いますが、これが私の欲していたものかな?と時々思うのです。
確かに私を縛っていたと思うものからは解放されましたが、あんなにも無我夢中で誰かの事を考えたのは後にも先にも無かった一瞬でした。
人の一生を看取るというのは大きなエネルギーを使うのですね。
今日のMSニュース欄に、精神科医 Tomy の意見という記事があり、本当にそうだと思いました。
人間は大変な事ばかりの日常は辛いですが自由だけの日常も又幸せとは言えない。手間のかかる事を少し増やしてみると自由な時間がより幸せを運んでくれる。。。みたいな事でしょうか。。
私も辛い事の後の自由をかみしめて居ますが、さらに何か目的を持って少し手間のかかる事を取り入れてい行きたいと思うのです。

仏壇の母の写真は父と一緒に我が家の玄関先で微笑んでいます。折々に我が家に招待し、時間を過ごしました。
それが父と母に取っては楽しかったのかどうか聞いたことがないのでわかりませんが、きっと喜んでくれたと思いたいです。
母が一人で映った写真から父母二人の写真に変えてから、突然泣くことは少なくなりましたが、ふと、「あれで母は良かったのかな、幸せだったのかな。もっと何か別の道は無かったのかな。。」と思う事はしばしばです。
それは簡単になくなりはしないでしょう。
そう思いだす事もあっても良い、忘れないと言う事に繋がるから。。
そんな気持ちで日々過ごしています。

夫がスモモの実を仏壇に供えました。
母の命日に






関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可